ロハス&エコロジーライフ・ロードバイクと風になる! 

「ロハス&エコロジーライフ・ロードバイクと風になる! 」の有益情報をお届け!

ロハス&エコロジーライフ・ロードバイクと風になる! .com

ロハスを提案しエコロジーライフロードバイク・チネリユニカと風になる!

ご訪問ありがとうございます。
気ままな更新ではありますが、自転車に、ご興味のある方は覗いて行ってください。

2017年10月18日

Bisecu自転車用のオートロック

ダウンロード.jpg 自転車用のオートロック「Bisecu」2.jpg

ダウンロード.jpg 自転車用のオートロック「Bisecu」.jpg

ダウンロード.jpg 自転車用のオートロック「Bisecu」本体.jpg

「Bisecu」は完全自動の自転車用ロック。米国カリフォルニア州に本拠をおくBISECUが開発したようです

「Bisecu」は自転車用のオートロック。Besecuと連携したスマートフォンを持つ利用者が、自転車からある程度以上離れると、自動的にロックする。

フロントホイールに取り付け、ホイールを固定することで盗難を防止するロック。キーの代わりにスマートフォンを使用するのが特徴ですね。


これは現代にマッチした便利な商品になりそうです。
早くAmazonで購入出来るようになって欲しいですね。


posted at 00:08
Comment(0)
カテゴリー:日記
エントリー:Bisecu自転車用のオートロック
2017年10月17日

自転車の旅人の方達へ、若松区で休憩ターミナル21日開業

201710150001_000.jpg 本町ターミナル.jpg

201710150001_001.jpg 本町ターミナル2.jpg

シャワールームなどを備えた休憩所「本町ターミナル」が21日に福岡県若松区本町3丁目にオープンする。

自転車で旅するサイクリストらを街に呼び込もうと、北九州市立大地域創生学群3年の枝光比菜乃さん(21)が考案。

サイクリストにとって嬉しいニュースですね。
2017年10月08日

79日で自転車世界一周!ギネス記録

main.jpg イギリスの冒険家がギネス記録.jpg

[パリ18日 ロイター] - 英国の冒険家、マーク・ボーモントさんが自転車世界一周の記録に挑戦し、79日で走破し、ギネス世界記録を達成しました。

ボーモントさんは毎日18時間自転車をこぎ、1日あたり9,000カロリー以上を消費。ポーランド、ロシア、モンゴル、中国、オーストラリア、米国を横断し、パリでゴールした。
ボーモントさんは9月18日、「常に次の地平線を目指して走り続けた。この2か月半、ほとんど歩いていない」などと述べたそうです。

これまでの記録は2015年にアンドリュー・ニコルソンさん(ニュージーランド)が達成した123日だった。

今回のマーク・ボーモントさんの記録は78日と14時間20分。

凄い!!人間技では考えられませんね。
posted at 08:02
Comment(0)
カテゴリー:日記
エントリー:79日で自転車世界一周!ギネス記録
2017年10月04日

淡路−徳島が周遊可能になりました。

JAsa2SSe.jpg 鳴門橋の自転車輸送始まる.jpg

鳴門市と隣接する兵庫県南淡路市、香川県東香川市の3市が連携して整備するサイクリングロードの利用がスタートした。

10月1日、自転車で通れない大鳴門橋を渡るためのトラック輸送が始まり、待ちわびたサイクリスト達が早速利用したようです。

輸送区間は、鳴門市鳴門町土佐泊浦の黒山バス停留所と、南淡路市の高速バス停留所「陸の港西淡」を結ぶ約20キロ。

淡路交通(洲本市)の運行バスに併せ、運送会社が自転車を積んだトラックを走らせる。

運行は土日祝日に一日3往復し、輸送費は1台500円(バス運賃は800円)。

これはサイクリストにとって嬉しい知らせですね。これで、また本州と四国が近くなりましたね。
posted at 09:04
Comment(0)
カテゴリー:日記
エントリー:淡路−徳島が周遊可能になりました。
2017年10月01日

ポケットに入る自転車用の電動空気入れ!

ダウンロード.jpg miniFumpa.jpg

ダウンロード.jpg miniFumpa大&小.jpg

Jersey.jpg ポケットに入るminiFumpa.jpg

「miniFumpa」が米国ラスベガスで開催されたInterbike 2017で公開された。オーストラリアFumpa Ptyが開発した自転車用の電動空気入れで、ポケットに入れて持ち運べる。

電動空気入れとしてはすでに複数の製品が市販化されている。「miniFumpa」の特徴は従来製品よりも小さいこと。サイズは32x56x68ミリで重さ190グラムとポケットに入るサイズだ。このサイズでありながら700x23cタイヤの空気圧を最大で8barにまで高めることができる。

内蔵リチウムポリマーバッテリーで動作。1時間充電すると、700x23cタイヤ2本を7 barの空気圧まで充填できる。充填にかかる時間は1本あたり40〜50秒と、このタイプの電動空気入れにしては高速。

若干サイズの大きい据え置きタイプの「Fumpa」も用意された。サイズは42x73x87ミリで重さは380グラム。700x23cタイヤの空気圧を20〜25秒で7 barにまで高めることができる。

1回の充電でタイヤ6本を7barの空気圧にまで充填できる。また、デジタルの圧力計が付属している。「miniFumpa」同様にリチウムポリマーバッテリーが搭載されており、1回の充電で6本のタイヤに空気を充填できる。

やっと待ちに待った空気入れが登場したって感じで日本で、Amazonで売り出されるのが、待ちどうしいですね。
posted at 18:04
Comment(0)
カテゴリー:日記
エントリー:ポケットに入る自転車用の電動空気入れ!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。